ワクワクが止まらない楽しいを継続出来る旅行

入国に必要なもの

インドビザの仕組みと歴史

インドに入国するには、インドビザが必要です。仕事で観光で、インドに入国するにはどちらの場合もインドビザがないと入ることが出来ないのです。それは国交が樹立してから60年経った今でもです。日本で事前にビザセンターでインドビザの取得申請を行います。2週間ほど経つとまた申請した場所に取りに行かなくてはいけないなど、手間となっていました。インドの空港において入国する前にビザを発光してもらうアライバルビザがありましたが、2014年末にこのシステムは終了しました。代わりに、オンラインでビザを申請することが可能になりました。このシステムはETAと呼ばれ、ネットで簡単にできるようになるシステムです。2014年末に導入され、インドビザを取得するのが簡単になりました。

これからのインドとの関係に期待

インドビザはこれから旅行者が増えるに連れて、ますます簡単に取りやすくなると予測することができます。インドへ行きたいけれどビザを取るのが難しくて、と考えていた人が続々インドへ旅行することができるでしょう。オンラインで取得することが出来るようになった今、それが実現と成る可能性が高いと考えられます。なぜなら今までは仕事があったからビザセンターに取得申請をしにいく時間がなかった、代行を出してまでビザを取るには億劫だった、と感じていた人達にとってかなり簡単な方法となったからです。これから、経済的にも政治的にもインドと日本がより一層密な関係になれば、ビザなしでインドを旅行したり仕事へ行ったりなどということができるようになると考えられます。